まずは何が作りたいかテーマが重要

方向性を明確にすることが大事


ホームページを作る場合、その自由度に驚くことでしょう。デザインも豊富ですし、好きなように画像を入れることもできます。文字のフォントも自由です。あこがれていたデザインにすることも決して夢ではありません。そんな自由度が高いホームページでは、どうしても自分の趣味に走りたがります。確かに、個人のホームページを作るのであればそれでも構わないでしょう。
ですが、ビジネスとしてホームページを作る場合はどうでしょうか。ビジネスの場合には、日記帳のような役割とは違い、お客さんを相手にしたページを作らなければなりません。そのためには、どのような方向性の会社やお店なのかを明確にしておく必要があります。その上で、その方向性をうまくホームページ上で表現することが大事なのです。

image

伝わるかどうかが重要


ホームページでの文章はチラシなどの紙媒体と似たような物がありますので、そこから学ぶことができます。例えば、マッサージ器を販売する場合はその宣伝文句が重要になります。ですが、この宣伝文句は、何も考えていないと顧客を無視した宣伝文句になってしまいがちです。例えば、「海外の最新テクノロジーを取り入れたマッサージ器を提供します」と言う言葉と、「最新テクノロジーを駆使たマッサージ器は体の痛みをやわらげます」と言うの言葉ではどちらが顧客の心に響くかと言うことです。正解は後者の方が顧客の心に響き渡ります。
後者の場合は、「体の痛みをやわらげます」というのが顧客に響く言葉です。顧客がしっかりとイメージされています。そういった言葉一つでも注意をしなければなりません。

ホームページ制作の見積もりは、トップページなのか下層ページなのかやページ数によって料金が変わってきます。またオプションでレスポンシブデザインなどをつけることで、料金が上乗せされます。