フローチャートを作りリンクを考える

ホームページ全体のつながりを把握できるフローチャート


ホームページは、各ページを行き来するためにリンクを使用します。大きな規模のホームページを作る際に注意が必要であるのは、リンクの接続が混乱したり誤ってリンクされているケースです。リンク接続の誤りやリンク切れはホームページの利用者にとって混乱の元であり、できるだけ避けなければなりません。
そこで具体的なホームページ制作に入る前に、設計段階でフローチャートによりページのリンクの流れを整理することが大切です。各ページのつながりをフローチャートで図式化すれば、全体像が一目瞭然で分かります。こうしてあらかじめ情報を整理しておけば、ホームページ制作のための作業がスムーズになり、ミスを無くすだけでなく短時間で作業が終わるため、得られるメリットが大きいです。

image

ツールを使うとはかどるリンク用のフローチャート作成


ホームページのリンクを把握するためフローチャートを作成する場合、紙に手書きで図式化することは可能です。しかしホームページの制作過程では頻繁にリンクの修整が必要なことが多く、紙による図式化では限界があります。このような理由から、フローチャート作成用のツールを使うと作業が簡単です。
フローチャート用のツールを使うと、多少大きな規模のホームページでもリンクの管理に手間取ることがありません。リンクの修正も簡単にできるため、複雑なフローチャートの作成時に混乱せず、起こりうるミスを減らすことが可能です。リンクのフローチャート作成に便利なツールは、オンラインのWEBツールとして利用可能なものも増えてきました。