ホームページを作るための材料を集めよう(写真など)

画像やイラストを配置した方が見やすいホームページになる


ホームページは文章のみで構成してももちろんOKですが、できれば写真やイラストをバランスよく配置した方が閲覧者にとって見やすいものになります。では、写真やイラストはどこから調達してくればいいのでしょうか。まず、一番簡単な方法としてはホームページ作成者自ら撮影したものを使うというものが挙げられます。スマートフォンやデジタルカメラで撮影したあと、本体に保存された画像をパソコンに転送し、そこからFTPソフトなどを使って、ホームページが置いてあるサーバーに転送すればいいのです。イラストも、もし自分で描けるのであればそれを使うのが一番いいでしょう。
自分で写真やイラストを用意する一番のメリットは、著作権の問題をクリアできるという点で、あとからトラブルに巻き込まれる心配がありません。

image

有料素材サイトや画像共有サイトで調達できる


ただ、ホームページのテーマに合った写真を撮影するのが難しい、あるいはイラストを自分で描くことができないということもあるでしょう。この場合は、他人が撮影した写真やイラストを使うことになります。
では、どこに行けば写真やイラストがあるのかというと、たとえば素材サイトです。素材サイトはプロのカメラマンやイラストレーターを雇ったり、あるいは彼らから素材を購入したりして写真、イラストを取りそろえて販売しています。購入すれば著作権はフリーで自由に使えることが多く、使い勝手がいいです。
また、ユーザーが、自分で撮影した写真をアップロードして公開している画像共有サイトでも、写真の調達が可能です。ただ、こうしたサイトに掲載されている写真を使う場合は著作権表示を求められる可能性が高いです。